HOME > 矢田工業の技術・工法

矢田工業の技術・工法

Bridge Technology

架設工法

橋梁を建設するためには様々な架設工法が採用されます。架設工法を選定するにあたっては、安全かつ経済的そして環境への負荷が少ないことが求められます。

ここでは鋼橋の代表的な架設工法について紹介します。

ベント工法

橋体を仮に支えるベントと呼ばれる支柱を橋台又は橋脚間に設置し、このベントにより橋桁を支持して橋桁を架設する工法であり、最も一般的な架設工法です。

使用するクレーンによって、トラッククレーンによるベント工法、ケーブルクレーンによるベント工法、トラベラークレーンによるベント工法等があります。

一括架設工法

橋桁の全体、または数ブロックに分割した橋桁を地上にて組立て大ブロックとし一気に架設する工法で、大ブロック工法とも言われます。

大型自走クレーン、台船、フローティングクレーン、多軸台車等が架設用機材として用いられます。

送出し工法

架設位置に隣接する場所においてあらかじめ橋体を組立て、手延機や架設桁、移動ベント等の機材設備を使用し橋体を架設する工法です。

使用する機材設備により手延式、架設桁式、移動ベント式等の種類があります。

片持ち式工法

別名キャンチレバー工法とも呼ばれ、橋桁をベント等で仮支持することなく部材を順次張り出しながら架設を進める工法です。

架設場所の条件により、トラベラークレーン、ケーブルクレーン、フローティングクレーン等の架設機材が用いられます。

ケーブル工法

橋桁下にベント等の仮設備を設けることが出来ない深い峡谷等に用いられる架設工法です。

架設中の橋体をケーブルにより支持する工法で、受梁を吊下げて架設する直吊り工法と、鉄塔から斜めに張ったワイヤにより吊る斜吊り工法があります。

資機材一覧

橋梁架設に使用する資材及び機材を自社保有しております。災害時等の緊急対応用資材としてもご活用いただけますので、有事の際にはご一報下さい。

  • ベント材
  • H形鋼
  • 手延べ機
  • トラベラークレーン
  • 鉄塔設備
  • 仮橋
  • 自走台車等
UP